笑う男性

ノウハウを蓄積しコストの削減を強化できるiso取得

● SITE MAP ●

iso取得をするときに知っておくこと

iso取得をするために、いくつかのポイントがあります。まずトータルでかかる時間を知っておかなければなりません。できるだけ時間をかけたくないという人も多いのではないでしょうか。そんな人は、スピーディーに進められる、仕上がる工夫をすると良いでしょう。
iso取得をするなら、トータルでかかる費用も知っておかなければなりません。できるだけ細かい部分までリサーチしておきましょう。内容が分かれば、それを見ておくべきです。だいたいの費用が分っていれば、その後はスムーズに進められます。
iso取得をするとき、便利なこともあればめんどうと思うこともあります。何にでも言えることですが、メリットがあればデメリットはつきものです。良い意見ばかりではなく、悪い意見もきちんと知っておくと良いでしょう。
iso取得をしたらそれでもうおしまい。どんなに早く進められたとしても、それでは困ってしまいます。そのようなところは優良とは言えないので、できるだけ避けましょう。取得するまでも大切な段階ですが、取得した後はそれ以上に大切です。後々になって後悔することがないように、アフターサービスが充実しているか必ずチェックしておきましょう。

ノウハウを蓄積するiso取得

新しい人材を呼び込むために大切なもの、それはノウハウの蓄積ではないでしょうか。ノウハウを蓄積していくことによって、新しい人材への引継ぎも容易になり、多くの人材が活躍できる土壌を作り出すことが可能になります。そして、これをサポートするのがiso取得です。
iso取得の目的の一つが、社内のノウハウを継承するためにあることはご存知でしょうか。マニュアルをiso取得する場合、それを維持するために従業員に教育していくこととなります。その教育を成功させるにはマニュアルを明確にしなければなりませんし、それがノウハウの蓄積となるのです。端的にいえば、ノウハウを見える化するのです。
特に社内で無駄が横行している場合には、このノウハウの蓄積をiso取得で済ませるのは大きな意味を持つでしょう。個人個人が勝手なやり方で作業を進めていては、その人は良くても次に入ってくる人物が引継ぎをうまくできなくなってしまうのです。これでは、会社もなかなか発展しません。作業に無駄が多いためです。
ノウハウを蓄積し、次に継承できる環境を整えることが、iso取得のミソです。プロジェクトを発足させるなら、まずはここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

コストを減らせるiso取得

企業からすれば、なるべく低コストでプロジェクトを信仰できればそれに越したことはありません。しかし、簡単にはコストを減らすことができませんし、今の状況から少し動かすだけでもなかなかのリスクが生じます。
そこで、コストを減らす取り組みの一環として、iso取得を導入してみてはいかがでしょうか。なぜコストが上がっているのか、何が無駄となっているのかを冷静に判断する良い機会となりますし、iso取得をすれば審査のために様々なコストダウン施策を取らざるを得なくなります。こうしてできあがった取り組みを毎日チェックしていくことで、無駄のない作業が可能となるでしょう。
しかし、最もやってはいけないことが、人員を削減することで簡単にコストを下げることです。一見すると効率的なやり方に見えるかもしれませんが、従業員が減ったことで余計に効率が下がることはよくある話です。生産性を落としては意味がないので、じっくりとその点は考えてバランスを調整しましょう。
コスト削減を目的としたiso取得は珍しくありません。今の企業を分析する良い機会にもなるため、iso取得を目指して一丸となって取り組んでみてはいかがでしょうか。それだけの価値は充分にあります。

● menu ●

2017年11月07日
少数精鋭の職場でiso取得をする意味を更新しました。
2017年11月07日
isoの審査はどんな内容を見ているのかを更新しました。
2017年11月07日
iso取得で仕事の内容を見直すきっかけにを更新しました。
2017年11月07日
介護サービス業でisoを取得するメリットを更新しました。

● choices post ●

介護サービス業でisoを取得するメリット

人材の入れ替わりが激しいと言われている介護サービス業において、isoを取得するメリットはあるのでしょうか。isoには様々な種類がありますが、その中でも品質マネジメントに関するISO9001を取得することによって、長年にわたって勤務しているベテランスタッフの負担が軽減できることに期待できます。…

iso取得で仕事の内容を見直すきっかけに

多くの職場では見た目上の仕事が上手くいっているように見えますが、内部では不満や効率が悪いなどの状況が発生していることは珍しくありません。多くの場合でそこには明確なマニュアルというものが存在しておらず、ルールについても曖昧なままと言えるでしょう。そのような環境下だからこそisoを取得して…

isoの審査はどんな内容を見ているのか

国際規格であるisoを取得することによって、企業の継続的な改善による発展が見込めるだけでなく、外部に対しても取引の材料として活用することが可能です。そんなisoを取得すること目指す企業がある中、気になるのはどのような審査が行われているのかということでしょう。isoの認証を受けるためには…

少数精鋭の職場でiso取得をする意味

それまで企業内で業務に関するマニュアルや手順書が存在しなかった頃というのは、いかなる出来事において同一の手順で事務処理を進めることができなかったはずです。isoを取得することによって、業務内容だけでなく退職時における手続きの手順などを明確化することができ、効率化を図ることができます。特…

TOP